トップ / メンズ脱毛の仕組みとは

ムダ毛のメンズ脱毛

メンズ脱毛の仕組みとは

メンズ脱毛の仕組みについて

メンズ脱毛をする際に、どんな仕組みで毛が生えて来なくなるのか疑問に思う人も多いでしょう。仕組みが分かっていないと不安を感じる人もいるかも知れません。脱毛をする前に、毛が生えて来なくなるメカニズムを理解しておくのが望ましいでしょう。

人間の体毛は細胞分裂をすることで成長します。そのために必要なエネルギーは、毛細血管から運ばれて来て、毛乳頭という部分で受け取ります。それを毛母細胞に送り、そこで細胞分裂をする仕組みです。毛乳頭も毛母細胞も皮膚に埋まっているため、皮膚の表面から見ても見えません。毛を抜いた場合には、毛乳頭や毛母細胞がある部分は残ることが多いです。そのため再び、同じ箇所から毛が生えてきます。

毛が生えて来ないようにするには、毛乳頭や毛母細胞を破壊する必要があります。脱毛の施術はまさにその作業なのです。熱や電気の力で毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えます。脱毛の施術を受ける際に、痛みや熱さを感じるのはそのためです。毛乳頭や毛母細胞が壊れると、細胞分裂により毛を成長させることができなくなります。そして、その箇所からはもう2度と毛が生えて来ません。

熱や電気の力が十分でない場合には、毛乳頭や毛母細胞が完全には破壊されないこともあります。その場合、しばらく経つと毛乳頭や毛母細胞が再生することが多いです。そうなると、再び毛が生えて来るでしょう。効果の弱い脱毛器を使った場合によくあります。

ムダ毛は文明社会で暮らす現代の人間にとっては不要なものでしょう。しかし生物本来の機能としては、外部的な刺激から身体を守る役割を果たすものと言えます。そのため、毛乳頭や毛母細胞を完全に壊さない限り復活するのです。